おすすめ記事
【フォト日記】春の風が背中を押してくれた【30-APR-2021】

何かを考える時、新しいことを考える時

部屋に閉じこもっていては

あまり良いものは浮かんでこない。

 

外に出て、視覚から入る情報を増やしたり

歩くことで脳の血流を良くしたりして

思考を膨らませるのが良い。

 

風がページをめくり、僕は新しいページに希望を託した

 

 

 

 

公園のベンチで、失敗を糧に未来を描いていた。

どうにもならない事を考えては

結論が出ずに考え続けていた。

 

ふいに春風がノートに触れた。

触れると同時にページをめくり

まっさらな未来がそこに見えた。

 

何もない白いページに、僕は明るい希望を記し始めた。

 

 

本日のMusic!

 

Lucky Kilimanjaro / 雨が降るなら踊ればいいじゃない

 

 

GWが始まっているが、雨で天気が悪い。

悪いと言っても、雨は雨で楽しい。

憂鬱な気分もまた心地よいのだ。

 

 

雨の日は雨の歌を聴けばいいじゃないか。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事