おすすめ記事
#024 EOS 6Dで撮影した写真の作例 vol.2

2017年にCANONからEOS 6D markIIが発売され

初代EOS 6Dは旧型機となった、そう、なったんだ。

でもでも、お金のないアマチュア写真家の我は

未だに初代を使っている。

 

Vガンダムは伊達じゃない!

ではなく、高感度番長は伊達じゃない!

暗いところの撮影に向きすぎて泣ける。

なので、使ってるよ。

 

今日はお手軽投稿内容にしたいので、

またまた撮影したものを紹介するよ。

手抜きじゃ。3枚やっちゃうぉぉ。

 

空とビート

 

https://astra1a.tumblr.com/post/179889739807

 

富良野市内から原始の泉に向かう途中にある

丘陵地帯にて撮影。

丘の上にあるビートの山は、その奥に何もないので

空が背景になってとてもキレイだった。

天空の砂糖大根ってやつだ。

 

撮影データは↓

  • SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
  • 75mm
  • F/8
  • 1/100秒
  • ISO 100
  • マニュアル露出

 

Sunset branches

 

https://astra1a.tumblr.com/post/179749032784

 

富良野市にある原始の泉から麓郷に向かい

アンパンマンショップやジャム園の奥地にある

麓郷展望台にて撮影。

展望台のすぐ脇にある木は、秋には枝だけになるので

逆光気味に撮影した。

幹や枝をシルエットにするのは、よくあるパターンの撮影方法だけど

神秘的な感じがするから撮影しちゃうね。

 

撮影データ↓

  • SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
  • 66mm
  • F/8
  • 1/1000秒
  • ISO 100
  • 絞り優先

 

変わりゆく色の季節

 

https://astra1a.tumblr.com/post/179141870885

 

富良野市内にある沼ー鳥沼公園ーにて撮影。

春夏秋冬と季節によって様々な姿を見せる風景。

この写真は、紅葉の始まりの頃に見つけた木を撮影した。

紅葉するには太陽光の存在が不可欠。

水辺の方は太陽光があたり色が変わり始め、

奥の方はまだ青々としていた。

完全に紅葉しているよりも、

私はこの変化の過程にある方が好きだ。

 

撮影データ↓

  • SP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
  • 60mm
  • F/8
  • 1/80秒
  • ISO 640
  • マニュアル露出

 

Fin

 

まだまだ初代EOS6Dは使える。

もちろん連射は効かない。

けれども、フルサイズなのだ。

良いレンズを使えば、まだまだ使える相棒なのだ。

でも、新しいもの欲しくなるよね(´・ω・`)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめの記事